• 稲岡 利彦

ウエディングプランナーの働き方③

いよいよ最終編でございます。

で、どうするの?というところですよね。

②で示した問題の大きな根源は、①でしめしたように

プランナーさんの雇用にあると考えます。

司会者さんを自社で抱えたりしないようにプランナーさんを自社で雇用すると

色々な矛盾と不公平感をホテルさんであろうが結婚式場さんであろうが

社内で自浄作用を働かせて解決するのは至難の業なのです。

支配人は公平に施行をアサインできるでしょうか?

コンプレが怖いので、どうしても優れたプランナーさんにお任せしちゃいますよね?

どうしても現場はプランナーさんにホテルのスタッフとして、結婚式場のスタッフとしてどうなの?という気持ちが滲み出てきてしまいます。

そうです。プランナーさんの業務自体が自社雇用に向いていないのです。

会社の方針に添って利益と売上を追及するようにもっていくには

業務内容自体に多少の無理があるのです。

かと言って、今をときめくフリーランスでは雇用が安定しなさ過ぎてて

これも継続が難しく、長期で活躍出来る人はごく一部だと考えます。

しっかり採用&育成&雇用管理を任せられる運営受託会社という

もう一枚のフィルターを通してウエディングプランナーさんの

働く環境の様々な問題を解決していく事をお奨めいたします。

最後は弊社の会社宣伝になってしまいましたね!笑

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

個人の力に頼らない会場全員接客の極意#8~最終ゴールはノークロージングに導くこと~

会場全員接客の最終ゴールは、ノークロージングをいかに増やすことができるか。文字通りクロージングをせずとも、顧客側から「契約をしたい」と言ってくる状態であり、私が担当していた会場では30%に達していました。つまり、これまで紹介してきた様々な対応は、ノークロージングを導くためのものなのです。 試食会の最後に、多くの結婚式の素敵なシーンをちりばめた感動映像を流し、結婚式の素晴らしさ、その会場でできる演出

個人の力に頼らない会場全員接客の極意#7~感動映像に涙するその後に全員で来館感謝~

会場全員接客におけるクライマックスは、新規来館者を一堂に集めての試食となります。前回の連載では、黒服がプレゼンをすることで料理の価値を高め、さらに様々な情報を聞き出す役割も持つ。料理に関しても、盛り付けの鮮やかさはもちろん、ゲストを配慮した食べやすさなども重視していくこと。さらに食のクオリティを感じてもらうために、あえて水(高級感を出すためにガス入りなども提供)にすることを紹介しました。今回は、い

個人の力に頼らない会場全員接客の極意 #6~試食は料理・サービスをリアルに感じてもらう場~

内覧において、クライマックスは試食となります。会場全員接客では朝接客に来館者を寄せると共に、タイムスケジュールも11時20分には終了するように組んでいきます。2 回転の会場であれば、12時に初回の披露宴スタートが一般的であり、そのスケジュールであればバンケットでの試食が可能になります。 試食をサロンでというケースや、ホテルなどでは他のレストランでランチを食べてもらうといった対応をとる場合もあります

  • Facebook

​Copylight©at-heart Co. All Right Reserved.