• 稲岡 利彦

~ブライダル業界のNewフェイス~部門の隔たりを解消新規担当の孤立防ぐ

最終更新: 5月22日

【すべての答えは現場にある】を掲げ、現場力を向上し会場の全スタッフがチームとして協力しながら成約を高める仕組み構築をサポートしているのが、at-heart(東京都中央区)だ。今年の1 月から事業をスタートした同社であるが、代表取締役の稲岡利彦氏、取締役の小網道子氏は、もともと大手ブライダル企業のサービス現場で運営マネジメントを担当してきた。関東にある6 バンケットの会場でチーム化を推進し、施行数、成約率を共に押し上げた経験が武器になっている。

「その会場では、社員である新規接客の専任スタッフも3 名のみ。仮に15組が来館すれば、残りの12組を施行やサービス担当がヘルプをしている状況でした。サービス現場の運営を任されていた立場から、当日を知っている現場経験のあるキャプテンを始めとしたサービススタッフが接客をすることでメリットも生まれるのではと考えました。そこで、現場の人材に新規接客、打合せスキルを教え込みました。」(稲岡氏)

(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、3月11日号)

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

個人の力に頼らない会場全員接客の極意#8~最終ゴールはノークロージングに導くこと~

会場全員接客の最終ゴールは、ノークロージングをいかに増やすことができるか。文字通りクロージングをせずとも、顧客側から「契約をしたい」と言ってくる状態であり、私が担当していた会場では30%に達していました。つまり、これまで紹介してきた様々な対応は、ノークロージングを導くためのものなのです。 試食会の最後に、多くの結婚式の素敵なシーンをちりばめた感動映像を流し、結婚式の素晴らしさ、その会場でできる演出

個人の力に頼らない会場全員接客の極意#7~感動映像に涙するその後に全員で来館感謝~

会場全員接客におけるクライマックスは、新規来館者を一堂に集めての試食となります。前回の連載では、黒服がプレゼンをすることで料理の価値を高め、さらに様々な情報を聞き出す役割も持つ。料理に関しても、盛り付けの鮮やかさはもちろん、ゲストを配慮した食べやすさなども重視していくこと。さらに食のクオリティを感じてもらうために、あえて水(高級感を出すためにガス入りなども提供)にすることを紹介しました。今回は、い

個人の力に頼らない会場全員接客の極意 #6~試食は料理・サービスをリアルに感じてもらう場~

内覧において、クライマックスは試食となります。会場全員接客では朝接客に来館者を寄せると共に、タイムスケジュールも11時20分には終了するように組んでいきます。2 回転の会場であれば、12時に初回の披露宴スタートが一般的であり、そのスケジュールであればバンケットでの試食が可能になります。 試食をサロンでというケースや、ホテルなどでは他のレストランでランチを食べてもらうといった対応をとる場合もあります

  • Facebook

​Copylight©at-heart Co. All Right Reserved.