• 稲岡 利彦

個人の力に頼らない会場全員接客の極意#5~一卓だけでもコーディネートを変更しておく~

最終更新: 5月22日

内覧のスケジュールは、事前情報に基づいてある程度決定しておきますが、当日のヒアリングなどで得た情報により変更する場合もあります。その決定や会場全体に指示するため、タイムスケジュールを最終的に決定する支配人に、2 人の詳細な情報を報告する必要があります。

このスケジュール管理は、スタッフが集合する体験の場面などで非常に重要であり、時間のズレが生じてくればどのタイミングで全員が集まるのか、その都度指示を出していきます。大切なのは、「0 分後に集まる」という時間の設定。例えば、5 分後と指示をした場合、料理を作っている厨房などではその時間も分からなくなってしまいます。3 分後であれば、今対応できるスタッフをすぐに行かせることができるわけです。

館内見学の初めはチャペル見学。一番大切なことは、案内をしているプランナー以外の2 人でドアをオープンする。内覧後に本番の挙式が始まるタイミングであれば、リハーサルをする挙式担当スタッフがいるはずです。会場全員が接客に対応する上でも、こうしたスタッフがドアをオープンし、さらに音響のボリュームを上げて実体験をさせます。ちなみに、本番では新郎新婦が揃って入場することはありません。最初で最後の2 人での入場となり、こうした点もトークとして生きてきます。

チャペルの入場体験は、一組ずつ対応します。その都度、曲も変え、音響のボリュームも変更。バージンロードを体験してもらい、そのままベンチに座ってプランナーが説明をします。順次他のカップルも入ってくるわけですが、中に人がいることで、列席者のいる時よりも、本番に近い感覚を与えられます。またベンチに座っているカップルに、入場の様子をゲスト目線で見せられる。それがリアルな体験となるのです。

(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、2月21日号)

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

個人の力に頼らない会場全員接客の極意#8~最終ゴールはノークロージングに導くこと~

会場全員接客の最終ゴールは、ノークロージングをいかに増やすことができるか。文字通りクロージングをせずとも、顧客側から「契約をしたい」と言ってくる状態であり、私が担当していた会場では30%に達していました。つまり、これまで紹介してきた様々な対応は、ノークロージングを導くためのものなのです。 試食会の最後に、多くの結婚式の素敵なシーンをちりばめた感動映像を流し、結婚式の素晴らしさ、その会場でできる演出

個人の力に頼らない会場全員接客の極意#7~感動映像に涙するその後に全員で来館感謝~

会場全員接客におけるクライマックスは、新規来館者を一堂に集めての試食となります。前回の連載では、黒服がプレゼンをすることで料理の価値を高め、さらに様々な情報を聞き出す役割も持つ。料理に関しても、盛り付けの鮮やかさはもちろん、ゲストを配慮した食べやすさなども重視していくこと。さらに食のクオリティを感じてもらうために、あえて水(高級感を出すためにガス入りなども提供)にすることを紹介しました。今回は、い

個人の力に頼らない会場全員接客の極意 #6~試食は料理・サービスをリアルに感じてもらう場~

内覧において、クライマックスは試食となります。会場全員接客では朝接客に来館者を寄せると共に、タイムスケジュールも11時20分には終了するように組んでいきます。2 回転の会場であれば、12時に初回の披露宴スタートが一般的であり、そのスケジュールであればバンケットでの試食が可能になります。 試食をサロンでというケースや、ホテルなどでは他のレストランでランチを食べてもらうといった対応をとる場合もあります

  • Facebook

​Copylight©at-heart Co. All Right Reserved.