• 稲岡 利彦

半分空いたグラス

サービス責任者時代にスタッフによく伝えていた事を一つご紹介します。

どんな宴席でも良いのですが、あなたはテーブル担当だとします。

例えば披露宴の終盤あたりで

しばらくの間、ゴブレットに半分弱のビールが残ったままになっている

ゲストがいらっしゃる事に気付いたとします。

あなたならどうしますか?

①.まずこの状況に気が付くという事が第一のハードルです。

これに気が付かないようなオペレーションやマインド教育のレベルであれば

まずこの段階に到達できるできるような仕組み構築が必要です。

②.次の段階に入っている事業所ではどんなスタッフ育成をするでょう?

ビールが半分弱だから、『失礼いたします』と言ってビールを注ぐ指導を

されている可能性があります。悪くはないですよね~

③.もう少しレベルが上がるとどうでしょう?

ビールはもういならい。。と思われている可能性を瞬時に察知して

『お客様、何か代わりのお飲み物をお持ちしましょうか?』

と伺う事が出来るスタッフが多ければかなり良いですよね~ しかし。。

④.もし私であれば、何も聞かず『よろしければどうぞ』と言って水かお茶を

一旦、さっと提供します。

何を申し上げたいかというと、

大切なのは、『ミスティーク』~先読みによるゲスト感動~

このマインドを浸透させる仕組みづくりが

事業所全体でオペレーション教育と同じレベルで出来ているか?という事です。

ゲストに伺って実行するのはあくまで普通であり、忘れたりなんかするとコンプレにも

なりかねません。

言い方が悪いかも知れませんが、自身で罠を仕掛けてハマるようなものです。

これを実行するには、まずゲストの動向をしっかり見る習慣や

さりげない会話を持って、様々なゲスト情報を引き出す力が必要です。

レストランでこれが出来るのは当たり前、宴会であっても決して不可能ではありません。

ゲストはしっかり見守られている安心感と満足感→感動へと飛躍していきます。

これが愉しいから現場を離れられません。

逆にこれを愉しいと思わないと本当の意味でのサービス業の神髄はわからないままになる。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

個人の力に頼らない会場全員接客の極意#8~最終ゴールはノークロージングに導くこと~

会場全員接客の最終ゴールは、ノークロージングをいかに増やすことができるか。文字通りクロージングをせずとも、顧客側から「契約をしたい」と言ってくる状態であり、私が担当していた会場では30%に達していました。つまり、これまで紹介してきた様々な対応は、ノークロージングを導くためのものなのです。 試食会の最後に、多くの結婚式の素敵なシーンをちりばめた感動映像を流し、結婚式の素晴らしさ、その会場でできる演出

個人の力に頼らない会場全員接客の極意#7~感動映像に涙するその後に全員で来館感謝~

会場全員接客におけるクライマックスは、新規来館者を一堂に集めての試食となります。前回の連載では、黒服がプレゼンをすることで料理の価値を高め、さらに様々な情報を聞き出す役割も持つ。料理に関しても、盛り付けの鮮やかさはもちろん、ゲストを配慮した食べやすさなども重視していくこと。さらに食のクオリティを感じてもらうために、あえて水(高級感を出すためにガス入りなども提供)にすることを紹介しました。今回は、い

個人の力に頼らない会場全員接客の極意 #6~試食は料理・サービスをリアルに感じてもらう場~

内覧において、クライマックスは試食となります。会場全員接客では朝接客に来館者を寄せると共に、タイムスケジュールも11時20分には終了するように組んでいきます。2 回転の会場であれば、12時に初回の披露宴スタートが一般的であり、そのスケジュールであればバンケットでの試食が可能になります。 試食をサロンでというケースや、ホテルなどでは他のレストランでランチを食べてもらうといった対応をとる場合もあります

  • Facebook

​Copylight©at-heart Co. All Right Reserved.