• 稲岡 利彦

宴会サービスの果たす役割①

ホテルでいう宴会サービス部、結婚式場でいうサービス、インフォメーションってどのようなスタンスで勤務し、どのような役割を果たすべきなのか?

はじめに言っておきたいのは、

現場サービスこそ真の売上&利益や施設ブランディングの根幹を握っている部門であり

宴会やブライダルにおける、対お客様を考えた時の『最後の砦』であり

ホテルや結婚式場を『究極のサービス業』というのであれば

当然のごとく、究極の中の究極に位置しなければならない部門だと考えております。

施設の全ての現場に精通し、すべてのおもてなしの基軸となるべき部門なのです。

そう考えた場合、現状はどうでしょう?

もちろん縁の下の力持ちだというプライドを持って勤務されている場合が多いのですが、

本当に縁の下だけに生息していて良いのでしょうか?

私は私自身が20年を掛けて磨き上げてきた現場第一主義において

この究極の中の究極の部門こそ最も施設の数字を握っており、

逆に言えば、ここの変革が無ければ、施設の全ての数字は確実に一時的なものになると

この場をお借りしてまず断言しておきたい。

~~相当長くなりそうですので、PART②へ続く笑~~


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

個人の力に頼らない会場全員接客の極意#8~最終ゴールはノークロージングに導くこと~

会場全員接客の最終ゴールは、ノークロージングをいかに増やすことができるか。文字通りクロージングをせずとも、顧客側から「契約をしたい」と言ってくる状態であり、私が担当していた会場では30%に達していました。つまり、これまで紹介してきた様々な対応は、ノークロージングを導くためのものなのです。 試食会の最後に、多くの結婚式の素敵なシーンをちりばめた感動映像を流し、結婚式の素晴らしさ、その会場でできる演出

個人の力に頼らない会場全員接客の極意#7~感動映像に涙するその後に全員で来館感謝~

会場全員接客におけるクライマックスは、新規来館者を一堂に集めての試食となります。前回の連載では、黒服がプレゼンをすることで料理の価値を高め、さらに様々な情報を聞き出す役割も持つ。料理に関しても、盛り付けの鮮やかさはもちろん、ゲストを配慮した食べやすさなども重視していくこと。さらに食のクオリティを感じてもらうために、あえて水(高級感を出すためにガス入りなども提供)にすることを紹介しました。今回は、い

個人の力に頼らない会場全員接客の極意 #6~試食は料理・サービスをリアルに感じてもらう場~

内覧において、クライマックスは試食となります。会場全員接客では朝接客に来館者を寄せると共に、タイムスケジュールも11時20分には終了するように組んでいきます。2 回転の会場であれば、12時に初回の披露宴スタートが一般的であり、そのスケジュールであればバンケットでの試食が可能になります。 試食をサロンでというケースや、ホテルなどでは他のレストランでランチを食べてもらうといった対応をとる場合もあります

  • Facebook

​Copylight©at-heart Co. All Right Reserved.