• 稲岡 利彦

宴会サービスの果たす役割②

宴会サービスでは、ホテルの場合は特に広く全ての部署と連携をとりながら

まるで毛細血管のように施設全体を網羅していきます。

和・洋・中 全ての料理に精通し、ブッフェ・正餐・軽食例会、シアター・スクール・レセプション・展示会・ディナーショー、修学旅行~皇室接遇まで。

書ききれないくらいのあらゆるパターンの接遇技術を駆使して

あらゆるお客様をおもてなしする部署のはずです。

まさに宴会サービスこそホテルの花形のひとつだった時期が過去にはありました。

いつからそうでなくなってきたのでしょう?

最近では残念ながら、宴会サービスに異動したい!なんていう話をほとんど聞かなくなりました。

当日の現場では必ず宴会サービスが商品とゲストの間に入り、接遇します。

同じ商品であってもその接遇方法によって、お客様の印象や満足度は大きく変化します。

料飲はもとより、花・クロス・写真・ビデオ・音響に至るまで宴会サービスの魅せ方に

よって大きく変わってくるものです。

何が言いたいかといいますと、ブライダルであろうが一般宴会であろうが

当日のゲスト満足度の大きな部分を握っているにも関わらず、

人件費、飲料原価、リネン費、消耗品費だけにとらわれた業務運営になっていないだろうか?

ぶっちゃけ、数字責任がコストだけでは魅力的な部門になれるはずが無いし、

今話題の経営目線など持てるはずがない。≒経営には永久に関わる事はできない。

極論発注を減らすなり単価を落とせば現状の数字は達成できてしまう。

ゲストの満足度をどこで誰がはかっているのか?その指標は存在するのか?

宴会サービスの長がその数字にコミットしているのか?

まず口コミでも成約率でもリピート率でも何でも良いので、売上につながる数字に

コミットするところからはじめましょう!

私は宴会サービスこそ、ホテルやハウス運営の全般を学ぶにおいての最も近道だと今でも信じています。

施設で最も大切な『ブランディング』を握っているという自覚を持ち、

あらゆる売上数字を下支えしましょうよ!

~~すべての答えは現場にある~~

#すべての答えは現場にある#コスト管理#売上貢献#ブランディング#宴会サービス#ブランディング#宴会サービス#at-heart

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

個人の力に頼らない会場全員接客の極意#8~最終ゴールはノークロージングに導くこと~

会場全員接客の最終ゴールは、ノークロージングをいかに増やすことができるか。文字通りクロージングをせずとも、顧客側から「契約をしたい」と言ってくる状態であり、私が担当していた会場では30%に達していました。つまり、これまで紹介してきた様々な対応は、ノークロージングを導くためのものなのです。 試食会の最後に、多くの結婚式の素敵なシーンをちりばめた感動映像を流し、結婚式の素晴らしさ、その会場でできる演出

個人の力に頼らない会場全員接客の極意#7~感動映像に涙するその後に全員で来館感謝~

会場全員接客におけるクライマックスは、新規来館者を一堂に集めての試食となります。前回の連載では、黒服がプレゼンをすることで料理の価値を高め、さらに様々な情報を聞き出す役割も持つ。料理に関しても、盛り付けの鮮やかさはもちろん、ゲストを配慮した食べやすさなども重視していくこと。さらに食のクオリティを感じてもらうために、あえて水(高級感を出すためにガス入りなども提供)にすることを紹介しました。今回は、い

個人の力に頼らない会場全員接客の極意 #6~試食は料理・サービスをリアルに感じてもらう場~

内覧において、クライマックスは試食となります。会場全員接客では朝接客に来館者を寄せると共に、タイムスケジュールも11時20分には終了するように組んでいきます。2 回転の会場であれば、12時に初回の披露宴スタートが一般的であり、そのスケジュールであればバンケットでの試食が可能になります。 試食をサロンでというケースや、ホテルなどでは他のレストランでランチを食べてもらうといった対応をとる場合もあります

  • Facebook

​Copylight©at-heart Co. All Right Reserved.